読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々に少々の塩胡椒を。

映画、旅、音楽そして雑感を綴ります。

2016年 映画私的名作11選

映画2016

2016年は、映画館で239本の作品を観賞しました。

そこで「私的名作」と題して、個人的にオススメの作品を11本ご紹介します。

 

エクス・マキナ

近未来の映像描写、そして登場人物やロボットの心理の移り変わりに注目です。

ロボットを演じるオスカー女優アリシア・ヴィカンデルの魅力が本作でも堪能できます。

youtu.be

 

 

『スポットライト』

昨年度のアカデミー賞で作品と脚本部門で受賞した、アメリカで実際に起きた教会スキャンダルを基にしたサスペンスドラマです。

事件そのものだけではなく、重すぎずテンポ良く進む物語と実力派俳優陣の共演も見所です。

youtu.be

 

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』

日本映画の中ではダントツの熱量を感じた作品です。

これぞ映画という展開をはじめ、主演の宮沢りえの圧倒的な存在感と包容力ある演技だけでなく、オダギリジョー杉咲花といった出演俳優の素晴らしい調和がとれた作品です。

youtu.be

 

 

ハドソン川の奇跡

クリント・イーストウッド監督の最新作。

日本でもニュース報道され、記憶に新しい飛行機事故を機長の手記を基に映画化。

見終えた後、温かさが心に染み渡ること間違いなしです。

youtu.be

 

 

『怒り』

渡辺謙宮崎あおい松山ケンイチ等第一線で活躍する俳優陣が織り成す群像ドラマ。

彼らの芝居合戦に魅了されただけでなく、人を信じるということを深く考えさせられました。

youtu.be

 

 

『トランボ』

時代に翻弄されつつも逞しく生きた実在の映画脚本家を描いたドラマ。

往年の映画ファンにはたまらない名作誕生の背景が分かるだけでなく、笑えてほろりと泣ける人間ドラマとしてあらゆる方にオススメの作品です。

youtu.be

 

 

『ボーダーライン』

硬派で骨太のサスペンス作品をお好みの方に特にオススメです。

ドゥ二・ヴィルヌーヴ監督は今年秋公開の『ブレードランナー』続編の監督でもありますが、本作のようなテイストではさすがにないでしょうね。。

youtu.be

 

 

シン・ゴジラ

ゴジラ撃退の為に放たれた大量の銃弾さながら、全編を被う大量の台詞とその内容にシビレました。余分な背景音がないことで緊張感やライヴ感が高まり、その世界に浸ることができました。是非。

youtu.be

 

 

『山河ノスタルジア

およそ30年にわたり、中国の或る一家族の悲喜交々を丁寧な目線で描いた作品。

家族を持つ者なら誰もが思う感情が長い年月を経てより深いものとなっていく、その味わい深さが込められた作品です。是非確かめてみてください。

youtu.be

 

 

『サウスポー』

元チャンプのボクサーの栄光と挫折そして再生。

男くさい作品かもしれませんが、人間ドラマとしても秀逸な作品だと思います。

youtu.be

 

 

『64 前編』

何と言っても、出演俳優陣の演技に気圧された作品です。

結末を描いた後編よりも、この後の展開を気にさせてくれる緊張感のあふれた本作の方が個人的にはオススメです。

youtu.be

 

 

 

 

いかがでしたか?

振り返ると自分の好みもあってかサスペンスものが多くなりました。

 

貴方の映画生活に多少の参考となれば幸いです。